コンテンツへスキップ

OpenSSLのWikiからリンクされている下記のページからダウンロードします。

Win32/Win64 OpenSSL Installer for Windows - Shining Light Productions (slproweb.com)

普通に個人環境で実験するだけならWin64 OpenSSL Light EXE版で問題ありません。

Win64OpenSSL_Light-3_0_7.exe(3_0_7の箇所はバージョンが入るので、その時々によって異なります)を実行してインストーラを起動し、同意してNextを押して進みます。

 下記の画像のようにThe OpenSSL binaries (/bin) directoryを選び、「C:\Program Files\OpenSSL-Win64\bin」にopenssl.exeが配置されるようにします。

The OpenSSL binaries (/bin) directory を選択して次へ
設定を確認し、インストール

 

インストールが済んだらWindows Terminalかコマンドプロンプトを起動し、openssl versionしてみます。まだパスを通していないので、失敗します。

>openssl version
'openssl' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

そのまま下記コマンドを実行し、OpenSSLの実行ファイルのパスを通します。

set Path=%Path%;C:\Program Files\OpenSSL-Win64\bin

Pathを表示し、末尾に「C:\Program Files\OpenSSL-Win64\bin」が入っていることを確認します。

echo %Path%

再度openssl versionを実行し、正常に実行出来ることを確認します。

>openssl version
OpenSSL 3.0.7 1 Nov 2022 (Library: OpenSSL 3.0.7 1 Nov 2022)

もし失敗していた場合は一から手順を見直してください。
OpenSSLのバージョンが確認できたら次へ。

setコマンドは一時的な追加なので、最後にsetxで環境変数に保存します。

setx Path "%Path%"

以上で終わりです。

ちなみに、CUI(コマンド)ではなく、GUI(画面からポチポチ)する方法もあります。

Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行から「rundll32 sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables」を入力してOKを押します。

環境変数のウィンドウが表示されたらユーザー環境変数のPathの項目を選んで編集し、「環境変数名の編集」ウィンドウにある新規(N)から「C:\Program Files\OpenSSL-Win64\bin」を追加します。

ダウンロードとインストール

  1. ISCのダウンロードページからCurrent-Stableのところからダウンロード……は昔の話になってしまいました。
    過去バージョン置き場の Index of /isc/bind9/cur/9.16 から、BIND9.16.34.x64.zip をダウンロード
    ※9.16以降、Windows版バイナリは提供されないようです。
  2. BINDInstall.exe を管理者として実行し、インストーラを起動
  3. ディレクトリやオプション指定の画面では「Tools Only」にのみチェックを入れ、Installボタンを押し、インストール
  4. Visual C++ランタイムのインストールを求められる場合も同意してインストール

パスを通す

環境変数のPathにdig.exeのインストールディレクトリを追加するため、 ファイル名を指定して実行 (Windowsキー+R )画面に以下を入力する

rundll32 sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables

C:\Program Files\ISC BIND 9\bin にインストールされているはずなので、ファイルを確認の上、Path に上記のパスを追加。

コマンドプロンプトからdigを実行できるか確認する。

Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール
https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=45520

Windows 10(64bit) は WindowsTH-RSAT_WS_1803-x64.msu を選択

PowerShellを起動

whoami/fqdn

RSAT for Windows 10 で追加される機能 (ja-JP)
https://social.technet.microsoft.com/wiki/contents/articles/32010.rsat-for-windows-10-ja-jp.aspx
"Active Directory Module for Windows PowerShell"をインストールするのが目的

hoge(OU)に含まれるメンバー一覧を表示する

Get-ADGroupMember -Identity "hoge"