コンテンツへスキップ

Windowsでdigコマンドを使えるようにする

ダウンロードとインストール

  1. ISCのダウンロードページからCurrent-Stableのところからダウンロード……は昔の話になってしまいました。
    過去バージョン置き場の Index of /isc/bind9/cur/9.16 から、BIND9.16.34.x64.zip をダウンロード
    ※9.16以降、Windows版バイナリは提供されないようです。
  2. BINDInstall.exe を管理者として実行し、インストーラを起動
  3. ディレクトリやオプション指定の画面では「Tools Only」にのみチェックを入れ、Installボタンを押し、インストール
  4. Visual C++ランタイムのインストールを求められる場合も同意してインストール

パスを通す

環境変数のPathにdig.exeのインストールディレクトリを追加するため、 ファイル名を指定して実行 (Windowsキー+R )画面に以下を入力する

rundll32 sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables

C:\Program Files\ISC BIND 9\bin にインストールされているはずなので、ファイルを確認の上、Path に上記のパスを追加。

コマンドプロンプトからdigを実行できるか確認する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA